05日 11月 2019
2019.11.3 本日の不定期稽古を終わります。今回より不定期稽古開始しました。告知は先月より行っていましたが、本格始動です!!この不定期稽古は普段の稽古より部分特化した稽古を行います。実際は自分が稽古したいだけって事なんですが、結局は自分の稽古よりもやっぱり道場生の稽古に目が行っちゃいます。んー、本末転倒?まぁいいんですよ、自分は自分で稽古しますから。。。さて、ありがたいことに初回には必ず嬉しいゲストが参戦してくださるので盛り上がりますね。型を重点的に~って思ってやろうと思っていたのですが、方向変えて下段蹴りの稽古がしたくなっちゃいました。蹴りは身体のバランスがより崩れるので、突きに比べ格段に難しさが上がります。ですが、必ずポイントはあるはずです。ちょっとポイントを伝えてやってもらいました。ありがたいことにミットの打つ音が変わりました。パシィンからバシィンに。ミットは止まってますから、もちろん音はキレイに鳴りやすいです。音が重要ではないのですが、大事なのは打った後の顔です。一度打ち込んだ感覚が変わると顔つきが変わります。その感覚をまた掴めるように稽古を積んでいきましょう!!
03日 11月 2019
2019.11.1 今日の稽古を終わります。先週は台風21号と低気圧の影響で大雨が降ってしまい、稽古は残念ながらできませんでした。ホームにも乗せていますが、稽古よりもまずは自分の命が優先です。当道場では自分の健康が最優先ですので、無理は禁物です。稽古はそれからでも十分に間に合います。あ、試合の追い込みとかはちょっと例外です。自分の近況ですが、残念ながら腰を痛めてしまいまーったく動けませんでした。口は元気なので指導はできるのですが、口だけでは足りず身体が動くとやっぱり身体の要の腰には響きますね。自己管理ができずに申し訳ありませんでした。今回もいつも通りの基礎稽古、引き手の稽古です。できそうでできてない引き手は、鏡を見ると一目瞭然です。ま、今回の場所は鏡少ないので、自分で気を付けるしかないのですが。引き手ができるということは、身体が軸を通して回転する、すなわち打ち手に力が伝導するという事。突きがさらに強くなるという事です。護身では、相手の身体を崩すことにつながります。引き手が甘い!なら、せっかくの動きが無駄になりがちです。身体を使いこなす上で重要ですので、ちゃんとやってよねーー!!
20日 10月 2019
2019.10.18 本日も無事に稽古が終わりました。今日はいつもと違って大きな大きな場所での稽古でした。広ーいので、とぉーっても走り回れる場所です。走り回っていいかはわかりませんが。多分、審査会とかできる感じです。山武支部ではまだまだ門下生が少ないので、この場所が埋まることはありません。いつか、ここがちょっと狭まいかな?ってなるぐらい大所帯になってみたいものですね、夢です。当支部は人数に関わらずしっかり、きっちり空手を通じて礼節と技術を培っていきます!これは今でもちゃんと出来ますからね!!さて、今回の稽古は広いことを活かして4人で演武さながらの型稽古をしてみました。いつもと雰囲気を変えると出来るはずの動作がぐらつく場面も...。しっかりー!と思いつつ、自分も内心ハラハラです。基本的な動きは気を抜くとほんとにぶれますね。稽古に終わりがありません。そして、せっかく今回は保護者の方がいらっしゃったので型の試合形式で帯上のお二人にやって頂きました。判定は年長者に。悔しい気持ちは自分で晴らせよーーー!!
13日 10月 2019
2019.10.10 本日も稽古を終わりにします。今日は黄色線相手に基本中の基本として正拳中段突きの練習です。立ち方、膝の使い方、腰の回し方、体重移動、肘の位置、肩の回し方、正拳のひねり等など、自分で書いていて全部に自信のない重要な要素がたくさんあります。多分、空手家のほとんどの方にこれらすべてに自信のある人は少ないのでは?って思ってます。それぐらい正拳中段突きを極めるのは難しいと考えてます。自分としては一つ一つの動作を丁寧に行うことで動きが昇華、洗練され軸となり基礎となると感じています。指導理論や育成論は師の数だけたくさんあると思います。自分もまだまだ発展途上、いやむしろスタートラインにも立てていない立場でこうして理論を語るのもいかがなものかとも考えてしまいますが...。ってぐらい今回の稽古は自分にとっても悔いのある指導となってしまったので、戒めのつもりです。生徒を指導する、指導の仕方、伝え方、これはほんと千差万別、十人十色。頭ではわかっていても鍛錬が必要不可欠。いやー、長ったらしい反省会です。悔しいから自分も身体動かして、次に活かします!
07日 10月 2019
2019.10.4 今日の稽古を終わりにします。今回の稽古は黄色線以上の2人と稽古です。この2名には11/24に開催される関東空手道選手権大会に参加する予定ですので、普段よりも色々ときっちりやってみました。きついなーと思いつつ、熱が入りますよね。期待有るので。組手は痛いし怖いけど、今は踏ん張り時だよって言っても嫌なものは嫌、怖いものは怖い。場数、踏んでもらいましょう。組手のその先に自分や誰かを守る一歩を踏み出せるための勇気がそこで培われると信じて。それでも子供たちの成長とは気付かぬ内に起きているようで、いつの間にか突きや蹴りが上手になってます。うまい選手と比べれば至らないでしょうが、彼ら自身を比べればとてもすごい成長です。稽古しながら、すごく嬉しく感じました。以前は本部道場で一緒に稽古していましたが、本部道場では関りが少なかった分、支部道場でより密接に稽古をすることでつぶさに成長を感じられることは素直に喜ばしいですね。これから成長していく子達もどうなるか楽しみです。それと、空手やめても空手を嫌いにならないで!これは大人になっても大事なことだと思ってます。ここで流した汗は無駄じゃないよ!
29日 9月 2019
2019.9.27 稽古が終わりました。今日の稽古は移動、型、ミット打ちといたってシンプルな構成です。支部道場生も空手の言葉に慣れ、動きも出来つつあります。道場に通うことも楽しんでもらえてるようなので、一安心です。さて、ここからが本題。先日行われた昇級審査の結果が返ってきました。といっても、本部道場にて稽古させて頂いた際に判明したわけですが...。山武支部から私を含めて2名審査会に挑みましたが、結果は...! 1名合格、1名不合格!残念ながら、私は不合格の方です。いやー、悔しいです。結果がわかるのは辛いですが、稽古が足りなかったという事です。これは事実なので、次回に向けて再度鍛錬を重ねる他ありません。何度も言いますが、悔しいです。ただ、もう1名は受かっているので、嬉しいのも事実です。山武支部を立ち上げてからの初めての審査会ですから、結果が残せたことは大いに胸を張っていきます。新しく入った2人は次の12月の審査会は審査対象となるはずですが、ここは本人達の意思に任せてみようかな。もう少し、無限勇進会を通じて空手のいろはを知ってもらってからでもいいかなーなんて、思う今回の稽古でした。
22日 9月 2019
2019.9.20 稽古終わりました!今日は全員が道着を着ての稽古でした。山武支部初の道場生も道着を着ていると、いや~、格好いいですねぇ。と気持ちが上がりますよ。嬉しい限りです。来ている本人たちも最初こそ恥ずかしい感じでしたが、徐々に違和感なく普通に稽古してました。形が整うって、誰しも嬉しくなるもんですね。今回の稽古は組み手やってみました。といっても、一方的に打つ組手。近々大会あるので、山武支部からは2名参加させる予定です。ちょっとずつでも身体を慣れさせていく必要があるので、頑張って頂きましょう。やればできると底力を信じます。後は練習あるのみです。7月から始まった山武支部道場もようやく3か月の節目?を無事に迎えられそうです。毎週金曜日が楽しみになっている自分に驚きつつ、これからも地道にコツコツと空手に邁進していく所存です。本部道場の刺激を受けると本当にあれもこれもやりたくなりますが、まずは地固め最優先です。話は変わりますが、今回はカメラマンがいたので、久しぶりに稽古風景をupしてみます。
16日 9月 2019
2019.9.13 今回も無事に稽古が終わりました。今週初めには観測史上初となる風速50m以上を記録した台風15号がありました。TVや周りから聞く限りでは私の方は幸いなことに軽くて済んだようです。今回の災害において被災されている多くの方々が一刻も早い復旧を望みます。備えは普段からやるべきと思っていても、いざその時が来ると何の準備もしていない!ってことは良くある人の心理だと思います。これを機に色々と準備をしていきましょう。事前準備こそ、起こりうる事態を回避する1つの手段だと思われます。これは本当に難しいのですが。当道場は本部道場と同じく無事に稽古を行うことができました。本当にありがたいことですね。今回の災害は子供たちにとっても大変つらいものとなっていた様で、身体を動かす機会が奪われていたようです。稽古では、初めてゲームしてみました。休憩時間に子供たちがやっていた氷鬼というおにごっこ。これ、本気でやるととっても良い稽古になりますね。瞬発力、俊敏性、周辺視野、持久力と盛りだくさん!そして何より、子供たちの本気の目と笑顔。すっごい楽しかったので、またそのうちやってみましょうかね~。
08日 9月 2019
2019.9.6 本日も無事に稽古が終わりました。って今回の支部ログを作成するのは3回目です。実は、書くたびになぜかフリーズ、そして記事が丸々消えるという嫌がらせ。3回目の記事となるとちょっと書くこと忘れちゃいました。今回の稽古では本部道場生がゲリラ訪問してくれました。そういうのすっごい嬉しいですね。今まで来たことのない人が来てくれるとドキッとするけど、すごいいい刺激になるんですよね。何をしようかなって考えちゃいます。自分はまだ空手の指導という道では新人ですが、自分なりの稽古の解釈があることにここ最近気づかされます。自分ならここではこうするとか、この動きではこうした方が良いかとか、悩みつつ実践しつつの日進月歩です。自分の身体を自分で動かすって毎度のことですが難しいので、基礎稽古はとっても身になります。た、だ、し、ちょっと派手さにかけますし地味できついので辛さの方が先立つ気がします。でも、ちょっと通り過ぎた後に自分の成長に気づくはずです。自分もそうやって自分なりに少しずつ積み重ねてきました。すこしでもそうした技術や動き方を伝えていけたら~なんて思います。あー、まさか3回も書くなんて笑
01日 9月 2019
2019.8.30 稽古終わりました。今日の稽古はいつもと場所が違い、鏡のあるスタジオを借りてみました。んー、やりやすい!そして今回は支部道場生だけのため、基本稽古を一つ一つ丁寧にやってみました。ある程度基本稽古が出来ていても改めて自分のすがたを鏡で確認しながらやってみると、あら不思議!意外とできてないのよねー。体の軸がぶれてたり、引き手が甘かったり、騎馬がふぞろいだったりと。自分の動きを振り返るって本当に大事な作業ですね。でも、こうやって積み重ねていくとちゃんと成長していくはずです。意味を理解するにはまだ早い気もするので、まずは形を覚えてもらえたら十分かと。そして、今回は嬉しいことに飛び入りの見学者が!!事件です!稽古とホームページ以外に場所の予告はしてませんので、きちんと見て下さったんですね。それはそうとホームページの検索結果が上位の方に出てきているみたいで、すっごく嬉しいです。ここを見て下さっていると思うと恥ずかしいですが、背伸びせずやっていきたいと思います。そういえば、写真のup出来てないというか、撮ってないんですよね。稽古中意外と撮れなくて。カメラマンかもーん!

さらに表示する